カルローズのエスニックスープごはん

管理栄養士・フードコーディネーター 北嶋佳奈さん考案の「スープ×カルローズ」レシピ。
さらりと軽い食感のおコメ「カルローズ」が、さっぱりとしたエスニックスープによく合います。お茶漬け風にさらりといただけます。
カルローズはスープを吸ってもベタつかないので、スープごはんにぴったり!

材料分量:2人分

  • カルローズ(炊飯後)軽く茶碗2杯分

  • 鶏ささみ2本

  • 紫玉ねぎ(なければ玉ねぎでOK)1/4個

  • もやし1/2袋

  • パクチー適量

  • ライム(くし形切り)(なければレモンでもOK)2切れ

  • ごま油、あらびきブラックペッパー各少々

Aスープ

  • 2カップ

  • 顆粒鶏がらスープ、酒、ナンプラー 各小さじ2

  • おろしにんにく小さじ1/2

  • 少々

作り方

  • 1.

    カルローズは日本のお米より少なめの水分で炊飯しておく。※カルローズは日本のお米より少ない水で炊飯して食感を残すことでさらりとしながらも食べ応えのある1品になります。

  • 2.

    紫玉ねぎは薄くスライスして水にさらし、辛味がとれたらよくしぼる。パクチーは4cm長さに切っておく。ささみは筋をとりそぎ切りにする。※玉ねぎはしっかり辛味をとるため、何度か水をとりかえます。

  • 3.

    鍋にAを沸かし、ささみ、もやしの順に煮る。塩で味を整える。

  • 4.

    器にごはんを盛り、3を注いでごま油とブラックペッパーをふり、紫玉ねぎ、パクチーを盛りライムを添える。

◆「スープ×カルローズ」プロモーション2020の特別メニューです。


【ポイント】
カルローズは日本のお米より少ない水で炊飯して食感を残すことでさらりとしながらも食べ応えのある1品になります。
お好みでスープに輪切りの鷹の爪を加えてもよいアクセントになります。
ささみ以外にも、鶏胸肉や鶏ひき肉、エビでも美味しく作ることができます。
カルローズの基本の調理法カルローズの基本の調理法