USAライス連合会

業界情報
ページ

RECIPE
la Brianza オーナーシェフ
奥野 義幸 氏 提案
アメリカの食材を楽しむ
「サラダライス」

カリフォルニアスタイルのサラダボウル×USA CHIRASHIカリフォルニアスタイルのサラダボウル×USA CHIRASHI
サラダボウル サラダボウル

好きな季節の野菜とプロテイン(豆やハムなど)
糖質をバランスよく、クイックに食べられるのが、とてもカリフォルニアらしい。

  • 手軽に食べれるライスサラダは、カリフォルニアの食卓ではよく食べる料理。特に朝やランチに食べられています。好きな季節の野菜とプロテイン(豆やハムなど)と糖質をバランスよく、クイックに食べれるのが、とてもカリフォルニアらしい。
  • 特にカリフォルニアらしい具材としては、ナッツ、豆、新鮮な野菜。
  • 中南米のセビーチェのソースにアジアのXO醬が入るソースは、移民の多いLAらしい味わい。
  • パラパラとしたカルローズは、ビネガーやオリーブオイルと相性が良いので、スプーンでたべやすい。カリフォルニアの人はお米がヘルシーと思っています。ワークアウト後の食事などでも人気。
USA CHIRASHI USA CHIRASHI

寿司は、アメリカでもすっかり国民食になるほど、
人気。それをイタリア風にアレンジしたのが奥野流
こうした多国籍な味のする寿司も人気です。

  • 寿司は、アメリカでもすっかり国民食になるほど、人気。中でもサーモンとまぐろは、皆が好きな定番の味です。それをイタリア風にアレンジしたのが奥野流。こうした多国籍な味のする寿司も人気です。
  • カリフォルニア米は、寿司ととても相性がよく、多くのカリフォルニアの寿司で、カリフォルニア米が使われています。
  • レモンやハーブで酢飯を作ると、爽やかで、カリフォルニアらしい味わいに仕上がります。

la Brianza
オーナーシェフ
奥野 義幸 氏

グループの代表を務める。和歌⼭県出⾝。⽶国の⼤学で経営学を学び、会社員を経て、飲⾷業界へ。都内イタリアンレストランに勤めたのち、渡伊。イタリア8州で料理を学び帰国。
2001年代官⼭「Ristorante laBrianza」を⽴ち上げ、2003年⿇布⼗番へ移転後独⽴。その後、ブリアンツァグループを展開する。レストラン経営だけに留まらず、国内外のレストランコンサルティング、商品プロデュース等を⼿掛ける。近年では、東京イタリアンをコンセプトとした「MAGARI」を⽶国ハリウッドにオープン。パートナーシェフを務める。また、再⽣可能エネルギー開発事業のノーバルホールディングスとの共同経営で、テスラのチャージステーションを併設した「PastaMagari」をつくば市にオープンする。今後、更にサステナブルやウェルネスをコンセプトとした取り組みにも⼒を⼊れていく予定。
https://la-brianza.com/

RECIPE茹でる・炊く・炒めて煮る。すぐできる!簡単おコメ料理

1人気レシピ

フライパンで作るジャンバラヤ

陽気な辛さで、食事にもおつまみにもなるジャンバラヤ!フライパンひとつで出来るので、アウトドア料理としてもおすすめです。
カルローズは、軽くアルデンテな食感が特長のおコメなので、パラリと仕上がります。

フライパンで作るジャンバラヤ
茹でる・炊く・
炒めて煮る
カルローズの
基本の調理法

フリーワードで探す

ジャンルで選ぶ

料理名で選ぶ

カルローズの基本の調理法

動画ギャラリー