カルローズのこいのぼりちらし寿司

カルローズのこいのぼりちらし寿司

さらりとした食感のカルローズは、香りも味も染みやすく爽やかな味わいの酢飯にピッタリ。具には油揚げ、人参、干し椎茸、干ぴょうを使用しています。
卵焼き用のフライパンで作った薄焼き卵にご飯を包んで、こいのぼりの装飾を施しました。とっても可愛くてお子さんも大喜び間違いなし!

材料分量:4人分

  • カルローズ2合

  • すし酢大さじ3

  • 油揚げ1枚

  • 人参1/3本

  • 干し椎茸3枚

  • 干ぴょう煮3本

A

  • 1カップ

  • しいたけ戻し汁大さじ3

  • 麺つゆ1/4カップ

  • 4個

B

  • 砂糖大さじ3

  • 少々

作り方

  • 1.

    カルローズは炊飯器の酢飯の加水量で炊きます。

  • 2.

    油揚げは短冊切り、人参は2cmの長さの千切りにします。干し椎茸は水で戻して薄切りにします。戻し汁は取っておきます。

  • 3.

    干ぴょう煮はみじん切りにしておきます。

  • 4.

    2を小鍋に入れ、Aを加えて火にかけます。沸騰したら弱火にし、落し蓋をして汁気がなくなるまで煮ます。

  • 5.

    1の炊いたカルローズにすし酢と、3、4を加えて混ぜ合わせます。

  • 6.

    ボウルに卵を割りほぐし、Bを加えて混ぜ合わせ、卵焼き用フライパンで薄焼き卵を作ります。

  • 7.

    かまぼこ薄切り、カニカマの赤い部分を剥いたもの、ハムをそれぞれ丸く型抜きします。きゅうりは薄い輪切りにします。海苔はパンチ等で丸くカットします。

  • 8.

    5のちらし寿司を1人分ずつラップに包み、太巻きの形に整えます。

  • 9.

    これを薄焼き卵で包みます。片方の端はV字にカットします。

  • 10.

    7のかまぼこと海苔を貼り合わせ、目の位置に乗せます。きゅうり、ハム、カニカマの順にパーツを並べてウロコに見立てて完成です。

フードデザイナー/食育インストラクターの神藤千穂さん考案のレシピです。
カルローズの基本の調理法カルローズの基本の調理法