カリフォルニア ゴースト寿司

カリフォルニア ゴースト寿司

第3回「カルローズ」料理コンテスト2015、学生部門の応募レシピです。
カルローズの甘みとパラパラした特長で、手軽に酢飯が作れることを発見! 山口県の郷土料理ゆうれい寿司を参考に、カリフォルニア流、白いライスバーガー風に。江戸時代は何も入っていない白い酢飯を幽霊の白装束に見立てて「ゆうれい寿司」と呼ぶようになったそう。夏みかんの果汁でフルーティーに仕上げています。

材料分量:4人分

  • カルローズ300g

  • すし酢45ml

  • 夏みかん(柑橘系フルーツ)1/2個

  • きゅうり40g

  • プチトマト4個

  • 人参10g

  • しいたけ1個

  • みょうが2個

  • パプリカ(赤)10g

  • パプリカ(黄)10g

  • 大根10g

  • ベビーリーフ1パック

  • トレビス2枚

  • 干しエビ少々

  • だし汁100ml

作り方

  • 1.

    飾り用に夏みかんの黄色い部分を少量(3×4程度)削ぎ、千切りにする。

  • 2.

    夏みかんをむき半分果汁を搾る。

  • 3.

    残りの夏みかんの果肉を賽の目にカット。

  • 4.

    少し固めに炊いたカルローズをボウルに移し、夏みかんの果汁とすし酢を入れ混ぜ合わせる。(果汁小さじ1は別にする)

  • 5.

    きゅうり、プチトマトを輪切りにスライスする。

  • 6.

    人参、しいたけ、パプリカ赤・黄、大根を小さい賽の目にカットする。

  • 7.

    トレビスを一口大にカットしてベビーリーフと混ぜ水にさらす。

  • 8.

    みょうがを千切りにする。

  • 9.

    人参とシイタケをだし汁で煮る。

  • 10.

    お皿にセルクルを置き5のカルローズを6割入れ軽く押し固める。(下部用)

  • 11.

    板の上にセルクルを置き、残りのカルローズを押し固める。(上部用)

  • 12.

    10の下部用の上に具材をトッピングする。

  • 13.

    12の上に、11の上部用を斜めにずらして置く。

  • 14.

    2で千切りしにした夏みかんの皮を適量、13に飾る。

  • 15.

    最後に夏みかんの香りを楽しむため食前に、果汁をかける。

第3回「カルローズ」料理コンテスト2015 http://www.usarice-jp.com/pro_contest_2015/index.html
カルローズの基本の調理法カルローズの基本の調理法