ほたてカルローズ餃子~つばき油香る三陸魚介あんかけスープ~

ほたてカルローズ餃子~つばき油香る三陸魚介あんかけスープ~

金野 友菜 氏(岩手県立大船渡東高等学校 食物文化科)考案のメニュー。第8回「カルローズ」料理コンテスト2020 の学生部門の優秀賞レシピです。
おコメにホタテとワカメを混ぜ、餃子の皮で包んできつね色に揚げた、ハートとホタテ型のカルローズ餃子。三陸の恵みがコンセプトのあんかけスープをかけて。カルローズのさらっとした食感に濃厚な海の幸がよく合います。

材料分量:2人分

カルローズ餃子

  • カルローズ300g

  • ホタテのひも(戻して)14g

  • ホタテの貝柱10g

  • ワカメ8g

  • 餃子の皮6枚

  • みりん大さじ1

  • 少々

  • 小さじ1

  • 砂糖少々

  • 薄口醤油大さじ2と1/2

  • 揚げ油適量

しんじょう

  • ホタテの貝柱40g

  • 卵白4g

  • 適量

  • 適量

あんかけスープ

  • 片栗粉6g

  • 15g

  • 昆布(乾燥)15g

  • ホタテのひも(乾燥)20g

  • 500ml

  • 少量

  • 醤油5ml

盛り付け用

  • ワカメ(生)10g

  • ふのり(戻して)6g

  • あさり2個

  • いさだ(オキアミ)0.5g

  • いくら10g

  • 三つ葉少量

  • 椿油5滴

作り方

  • 1.

    炊いたカルローズに、細かく切ったワカメ、ホタテのひも、貝柱を入れ混ぜ合わせる。

  • 2.

    みりん、塩、酒、砂糖、薄口醤油も入れて混ぜる。

  • 3.

    餃子の皮1枚の上に、2のご飯を50gずつ乗せて、ホタテの形を2つ、ハートの形を1つ作る(2人分なら、ホタテ4・ハート2)。

  • 4.

    180度の揚げ油で、きつね色になるまで揚げる。

  • 5.

    ホタテの貝柱をすり鉢で細かくして、卵白を加え、4つに丸めてしんじょうを作る。

  • 6.

    沸騰したお湯に塩を入れ、5のしんじょうを30秒茹でる。

  • 7.

    昆布とホタテのひもの出汁を取るため、水500mlにつけてから、火にかけ沸騰したら取り出す。

  • 8.

    7に塩、醤油で味をつける。

  • 9.

    片栗粉を水で溶き、8に入れてとろみを加える。

  • 10.

    皿に、9のあんかけスープを入れてから、4の餃子3つと、6のしんじょう2つ、ワカメ、戻したふのり、いさだ、あさりを周りに添える。

  • 11.

    餃子の上に、いくらと三つ葉を乗せ、最後に椿油を垂らしたら完成。

■第8回「カルローズ」料理コンテスト2020 https://www.usarice-jp.com/pro_contest_2020
カルローズの基本の調理法カルローズの基本の調理法