サッパリ胡瓜の冷製スープ

サッパリ胡瓜の冷製スープ

扇谷 彩花 氏(北海道文教大学明清高等学校 食物科)考案のメニュー。第8回「カルローズ」料理コンテスト2020 の学生部門の優秀賞レシピです。
炊飯したカルローズに梅しそふりかけ、カリカリ梅を合わせたものに、胡瓜、アボカド、出汁などをミキサーにかけた滑らかな冷製スープを注いでサッパリとした味わいに仕上げた一品。カルローズの軽い食感と冷めても美味しいという特長が生きています。

材料分量:2人分

スープ

  • 胡瓜2本

  • アボカド1/2個

  • にんにく1/4片

  • 200cc

  • オリーブ油大さじ1

  • レモン液大さじ1

  • かつおだし大さじ1と1/2

  • 胡椒少々

ごはん

  • カルローズ米200g

  • 梅しそふりかけ大さじ2

  • カリカリ梅3個

  • 大葉(盛り付け用)1枚

  • オリーブ油(盛り付け用)適量

作り方

  • 1.

    胡瓜を乱切りにする。

  • 2.

    ミキサーに胡瓜、にんにく、水、オリーブ油、レモン液、かつおだしを入れ、なめらかになるまでかける。

  • 3.

    2にアボカドを加え、再度ミキサーにかける。

  • 4.

    ボウルに移し、胡椒を加えて置いておく。

  • 5.

    炊いたカルローズをボウルに入れ、そこに梅しそふりかけ、粗く切ったカリカリ梅を加え混ぜる。

  • 6.

    良く混ざったらセルクル型で抜き、器に入れて、まわりに4のスープをそそぐ。

  • 7.

    ごはんの上に、刻んだ大葉をのせ、オリーブ油をスープに垂らして、完成。

■第8回「カルローズ」料理コンテスト2020 https://www.usarice-jp.com/pro_contest_2020
カルローズの基本の調理法カルローズの基本の調理法