チーズライスwithクラムチャウダー

チーズライスwithクラムチャウダー

スープ料理家 東條真千子さん考案の「スープ×カルローズ」レシピ。
クラムチャウダーはライスと合わせるため、食べやすいあっさり系に仕上げています。カルローズで作るフライドライスにバターとチーズを使うので、一緒に食べるとさらに味わいに幅が出ます。
「カルローズ」は食感が軽く粒感がしっかりしていて、おコメが柔らかくなり過ぎないので、スープにぴったりです!

材料分量:4人分

カルローズ米を茹でる

  • カルローズ米1合

  • 水+塩20g(1%)2リットル

  • オリーブオイル小さじ2

チーズライス

  • 塩茹でしてオリーブオイルをまぶしたカルローズ米(1合分)300g

  • 粉チーズ大さじ4

  • バター10g

  • こしょう少々

クラムチャウダー

  • あさり570g(30個くらい)

  • じゃがいも150g

  • 玉ねぎ120g

  • セロリ80g

  • にんじん70g

  • ベーコン60g

  • にんにく10g

  • 200cc

  • 牛乳200cc

  • 白ワイン50cc

  • 生クリーム大さじ2

  • 小麦粉大さじ1

  • オリーブオイル小さじ2

  • 小さじ1/4程度

  • こしょう少々

作り方

  • 1.

    カルローズ米を茹でる水に塩を入れて、沸騰させる。カルローズ米を洗わないで入れ、時々かき混ぜながら10分茹でる。

  • 2.

    茹で上がったらザルにあげ、さっと水洗いして水気を切る。オリーブオイルをまぶす。
    ※カルローズ米1合は、茹で上がると300gになります。オリーブオイルをまぶしてから小分けにして冷凍保存をしておけば、料理にさっと使えて便利です。

  • 3.

    チーズライスフライパンにバターを熱して、塩茹でしてオリーブオイルをまぶしたカルローズ米を入れ、粉チーズ、こしょうをふりかけて強火で炒める。

  • 4.

    全体が混ざってぱらっとしたら、火を止める

  • 5.

    クラムチャウダー砂抜きしたあさりの殻をよく洗う。玉ねぎ、セロリは薄切り、にんじんはいちょう切り、じゃがいもとベーコンは2cm角、にんにくはみじん切りにする。

  • 6.

    鍋にあさりと白ワインを入れてフタをし、強火にかける。貝が開いたら火を止めて汁ごと皿に取っておく。

  • 7.

    同じ鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で炒め、香りが立ってきたら中火にして、玉ねぎ、セロリ、にんじんの順によく炒めながら加えていく。

  • 8.

    野菜がしんなりしてきたらベーコンとじゃがいもを加え、ベーコンから脂が出てきたら、あさりの煮汁のみと水を加えてフタをし、弱火で15分煮る。

  • 9.

    牛乳に小麦粉を入れてよく溶いてから鍋に加える。ゆっくりかき混ぜながら5分煮る。とろみがついてきたらあさりと生クリームを入れ、塩、こしょうで味をととのえる。
    ※塩味はあさりやベーコンからも出るので、味をみて塩加減を調整してください。

  • 10.

    仕上げ器にチーズライスを入れ、クラムチャウダーをかける。お好みでパセリのみじん切りや生クリームをトッピングして。

◆「スープ×カルローズ」プロモーション2020の特別メニューです。


【レシピ考案者 スープ料理家 東條真千子さんより】
本場アメリカのクラムチャウダーはもっと小麦粉を使ってかなりモッタリしているのですが、ライスと合わせるため、もう少し食べやすいあっさり系に仕上げました。カルローズで作るフライドライスにバターとチーズを使うので、一緒に食べるとさらに味わいに幅が出る仕組みになっております。
ライス&スープは、カルローズがぱらっとした食感なので、スープを吸ってもベタつかないのが嬉しいです。
カルローズの基本の調理法カルローズの基本の調理法