カルローズタコス風SUSHIサラダ

カルローズタコス風SUSHIサラダ

藤田 賢伸 氏(株式会社グランビスタ ホテル&リゾート 札幌グランドホテル 宴会洋食調理)考案のメニュー。
第7回「カルローズ」料理コンテスト2019 のプロフェッショナル部門 レストランメニューの入賞レシピです。
日本の伝統的な寿司とは異なる新しいSUSHIメニュー。カルローズの特長やイメージを生かした、ヘルシーで自由な”SUSHIサラダスタイル”がコンテストのテーマ。

材料

  • カルローズ120g

  • ヤングコーン、スナックエンドウ各2本

  • 適量

鯛のカルパッチョ

  • 40g

  • オリーブオイル、薄口醤油各大さじ1

  • レモン汁20ml

  • 塩、胡椒適量

ケッカソース

  • フルーツトマト1個

  • にんにく10g

  • 白オリーブ10g

  • 玉ネギ20g

  • ライム20g

  • バルサミコ酢10g

  • ハチミツ5g

  • オリーブオイル45g

  • 塩、胡椒適量

トルティーヤ

  • フラワートルティーヤ直径8㎝4枚

  • 揚げ油適量

飾り

  • マイクロリーフ適量

  • オリーブオイル適量

作り方

  • 1.

    カルローズを1%の塩湯で10分程度茹で、ざるに上げて水洗いをし冷ましておく。

  • 2.

    ヤングコーン、スナックエンドウを塩茹でし、氷水で冷ます。それぞれ縦半分にし、3㎜程度に切る。

  • 3.

    鯛のカルパッチョカルパッチョドレッシングの材料を全て混ぜ合わせ、薄く削りきりにした鯛を絡めておく。

  • 4.

    ケッカソースフルーツトマトを湯むきし、種を取り、5㎜角に切る。ライムは果肉の部分を5㎜角に切る。にんにく、玉ねぎ、白オリーブをみじん切りにする。

  • 5.

    4の材料と、バルサミコ酢、ハチミツ、オリーブオイル、塩、白胡椒をしっかりと混ぜ合わせる。

  • 6.

    トルティーヤフラワートルティーヤを180℃の油でサクッとするまで上げ、熱いうちにアルミホイルなどでアーチ状に形作る。

  • 7.

    仕上げカルローズ、スナックエンドウ、ヤングコーンをケッカソースで和え、フラワートルティーヤの上にのせる。そこに鯛のカルパッチョを乗せ、上にマイクロリーフを飾る。上からオリーブオイルをかける。

■第7回「カルローズ」料理コンテスト2019 https://www.usarice-jp.com/pro_contest_2019/
カルローズの基本の調理法カルローズの基本の調理法