サラダライスwithミネストローネ

サラダライスwithミネストローネ

スープ料理家 東條真千子さん考案の「スープ×カルローズ」レシピ。
野菜たっぷり、お米もたっぷりでお腹も栄養もいっぱいのスープ。カルローズのサラダライスの彩も食欲をわかせてくれます。
「カルローズ」は食感が軽く粒感がしっかりしていて、おコメが柔らかくなり過ぎないので、スープにぴったりです!

材料分量:4人分

カルローズ米を茹でる

  • カルローズ米1/2合

  • 水+塩10g(1%)1リットル

  • オリーブオイル小さじ1

サラダライス

  • 塩茹でしてオリーブオイルをまぶしたカルローズ米(1/2合分)150g

  • トマト30g

  • 粒コーン(缶詰)30g

  • ピーマン20g

  • バジル、パセリ適量

ミネストローネ

  • ダイストマト(缶詰)400g

  • 玉ねぎ160g

  • キャベツ160g

  • にんじん100g

  • セロリ60g

  • ミックスビーンズ(パック)60g

  • えのきだけ50g

  • にんにく2片

  • チキンブロス(鶏肉ダシ)350cc

  • オリーブオイル大さじ1

  • 小さじ1/2

  • こしょう少々

作り方

  • 1.

    カルローズ米を茹でる水に塩を入れて、沸騰させる。カルローズ米を洗わないで入れ、時々かき混ぜながら10分茹でる。

  • 2.

    茹で上がったらザルにあげ、さっと水洗いして水気を切る。オリーブオイルをまぶす。※カルローズ米1合は、茹で上がると300gになります。オリーブオイルをまぶしてから小分けにして冷凍保存をしておけば、料理にさっと使えて便利です。

  • 3.

    サラダライス野菜、ハーブ類はみじん切り、粒コーンはザルにあげ、すべての材料をペーパータオルにはさんで水気を切る。

  • 4.

    塩茹でしてオリーブオイルをまぶしたカルローズ米と3をよく混ぜ合わせる。

  • 5.

    ミネストローネキャベツは3cm角、えのきだけは1cm幅、にんにくはみじん切り、その他の野菜はすべて1cm角に切る。

  • 6.

    同じ鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で炒め、香りが立ってきたら中火にして、玉ねぎ、セロリ、にんじん、キャベツ、えのきだけの順によく炒めながら加えていく。

  • 7.

    野菜がしんなりしてきたら、ダイストマト、ミックスビーンズ、チキンブロスを入れて混ぜ、フタをして弱火で30分煮る。

  • 8.

    塩、こしょうで味をととのえる。

  • 9.

    仕上げ器にミネストローネを入れてから中央にサラダライスを入れる。お好みでバジルの葉やオリーブオイル、粉チーズをトッピングして。

◆「スープ×カルローズ」プロモーション2020の特別メニューです。


【レシピ考案者 スープ料理家 東條真千子さんより】
サラダライス単体で食べる時はさらにレモン汁を加えますが、スープに酸味があるので今回は加えませんでした。
えのきだけはスープに自然なとろみをつけるため使い、ライスとスープがなじみやすくなります。スープのトマトは、旬の時期以外の生のトマトは味が安定しないので、味わいの濃い缶詰を使用しました。チキンブロス(鶏肉ダシ)は市販のものではなく、ご家庭で野菜クズと鶏のひき肉を煮出して作ってもいいですね。
カルローズの基本の調理法カルローズの基本の調理法