〜カルローズ×トーフ〜 ころころヘルシー米サラダ

〜カルローズ×トーフ〜 ころころヘルシー米サラダ

沖中 凛香さん(原田学園広島酔心調理製菓専門学校 職業実践専門課程 調理師科2年コース)考案のメニュー。
第5回「カルローズ」料理コンテスト2017 学生部門の優秀賞レシピです。

材料

〈カルローズボール〉

  • カルローズ米50g

  • 300ml

  • コンソメ6g

  • 豆腐40g

  • 鶏肉、鶏モモミンチ各30g

  • 大さじ1

  • パン粉90g

  • 粉チーズ30g

〈サラダ〉

  • ジャガイモ、人参、胡瓜各40g

  • サニーレタス200g

  • A ビーツ(角切り)2コ

  • A マッシュルーム(スライス)2コ

  • A コーン35g

  • A アボカド(角切り)1/2コ

〈ドレッシング〉

  • 豆腐 55g

  • 白ワインビネガー 小さじ1

  • オリーブオイル30ml

作り方

  • 1.

    カルローズ米を水とコンソメ、鶏肉でボイルする。

  • 2.

    ボウルにボイルしたカルローズ米、豆腐、細かく刻んだ鶏肉、鶏モモミンチを合わせ、つなぎとして卵大さじ1加え混ぜ合わせる。

  • 3.

    7gに丸めた2を卵液にくぐらせ、パン粉と粉チーズをミキサーにかけたものをつけ、オリーブオイルで揚げる。

  • 4.

    人参、胡瓜、ジャガイモは丸形にくりぬいて15分ゆでる。

  • 5.

    豆腐はミキサーにかけそこに白ワインビネガーとオリーブオイルを合わせる。

  • 6.

    サラダボウルに4とAを合わせ、そこにカルローズボールをのせ、その上から豆腐ドレッシングをかけたら完成。

【メニューのポイント】
コンセプトはカルローズの特長 ・ベタつかず食感が軽い ・香り、味を吸収しやすい ・ドレッシング、オリーブオイルとの相性が抜群 ・アルデンテの食感が出しやすいをフルに生かしたミールサラダです。
鶏、コンソメの香り、味をしっかり入れたカルローズは豆腐をつなぎにボール状にして揚げました。ライスボールのフライは、冷めてもサクサク、中はアルデンテ。食感を残すことで食事としての満足感をもたらします。クルトンに見立てた、ライスボールのフライを野菜に散らし、相性のよいオリーブ×豆腐のドレッシングで完成。
もちろん栄養バランスも良く、一食で五大栄養素をまんべんなく摂取できます。 豆腐を隠し味に、ヘルシーで気兼ねなく食べられる女子ランチに仕上げました。
カルローズの基本の調理法カルローズの基本の調理法