Pressreleaseプレスリリース

『第54回 スーパーマーケット・トレードショー2020』出展レポート/2月12日(水)~14日(金)幕張メッセ

「PLUS+カルローズ」提案が好評!試食は1,300食
スーパーマーケットトレードショー2020
カリフォルニア産のおコメ「カルローズ」の販促・サポート活動を展開するUSAライス連合会日本代表事務所は、2月12日~14日の3日間 幕張メッセで開催された『第54回スーパーマーケット・トレードショー2020』に出展し、外食・中食産業の方々に、カルローズの汎用性を活かしたメニュー提案を実施いたしました。

本年度はサラダやスープ、デリメニューにカルローズをプラスすることでおコメ料理のバリエーションが広がる『PLUS+カルローズ』をテーマに、スパイスやビネガー、ナッツや野菜をプラスすることで、よりカラフルかつ栄養バランスを高めたお弁当、SUSHI、サラダやスープなど、様々な食材とおコメのハーモニーが楽しめるメニューアイディアを展示したところ、たくさんの来場者からの関心を集めました。

 

USAライス連合会展示 USAライスPLUS+カルローズ


試食サンプリングでは、クラムチャウダースープに “カルローズのパセリご飯“をプラス、 ナッツとドライフルーツのサラダに炊飯した“カルローズ”をプラスした2種類のメニュー試食を用意し、合計で約1,300食を提供いたしました。

試食した方からは、“おコメとナッツ、ドライフルーツの組み合わせが新鮮でおいしい”という声や、”スープにカルローズは、小腹がすいたときの満足度が高い“、”スープなら温かくても、冷たくても提供できるので、通年メニューとしても面白い“、”カルローズの食感がスープにとても合う。“と新しいメニューの可能性へ高い関心が示され、カルローズの特長や調理方法、入手方法に関する具体的な質問や問い合わせも多数寄せられました。

 

カルローズメニュー提案 USAライス連合会カルローズ試食 USAライス連合会ブース


合わせて、カルローズに強い関心を寄せた75名の方々にアンケートを実施したところ、カルローズを使ったサラダやスープ、フュージョン料理などの新しいメニューに興味がある、との回答が7割を占めました。同時に寿司やチャーハン、お弁当などの既存メニューや白飯での使用にも興味を持っている、との回答も4割あり、今後の中食や外食におけるカルローズの使用に向けての幅広い可能性や前向きな反応を得ることができました。

軽い食感、ソースやオイルとの相性の良さ、冷たくしても美味しいなどの特長をもつ、中粒種のおコメ「カルローズ」は、料理に使いやすくメニューにおける汎用性が高い、と食業界の皆様から評価を頂いております。今後も新感覚で魅力的なおコメ料理を提案していまります。

 

<関連リンク>
USAライス連合会『第54回 スーパーマーケット・トレードショー2020』出展のご案内

 

カルローズパッケージ
■カルローズとは?
“カリフォルニアのバラ”という意味の名前を持つ「カルローズ」は米国・カリフォルニア州オリジナルの中粒種のおコメ。新しい使い方ができるおコメとして、冷やしてもさらりとおいしくいただけます。お弁当のごはんやお惣菜メニューのバリエーションを拡げる汎用性の高いおコメとして、プロの料理人の皆さまからも注目されている「カルローズ」をぜひお試しください。
カルローズの特長について詳しくはこちら

カルローズ6つの特長

■当プレスリリースに関するお問い合わせ■
 USAライス連合会日本代表事務所 電話:03-3292-5507 メール:info@usarice-jp.com
 広報担当:(株)プラネックス内 / 清(すが) 電話:03-5411-3981 メール:suga@plx.co.jp

……………………………………………………………………………………………………………………

USAライス連合会(本部:米国バージニア州アーリントン)は、米国のコメ産業界の中核4団体で構成されている全国組織です。米国農務省の管轄のもとで活動を行う、非営利の外郭団体です。米国で生産されるおコメについての正しい理解の促進と拡販のために、各種販促活動やサポート活動をしており、輸入・販売などの商取引は一切行っておりません。